simple naturl comfort

古未来工房について

2006年、2007年のご挨拶

2008年 | 2005年

2007年
12月11日

年末の御挨拶

師走になり、いよいよ今年もあと半月足らずとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年を振り返ると様々な出来事が走馬灯のように思い出されます。いい思い出もそうでなかった思い出も、皆自分が成長するために経験できたことと感謝の念を忘れずに新たな年に向けての財産にできればと思います。
今年も一年大変お世話になりありがとうございました。また来年も古未来工房をどうぞ よろしくお願い申し上げます。

いままでご縁で出逢った皆様、そしてこれから出逢うであろうすべての皆様にとって来年がさらに素敵な年となりますように。。。。乾杯!


2007年
11月1日

 11月に入り、朝晩が冷え込むようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年も2ヶ月を残すところとなりました。光陰矢のごとしで、一年が過ぎる体感速度が増したような気がいたします。
地球温暖化の影響で紅葉も少し遅れ気味ですが、この季節はこれからの冬支度に備え温泉と紅葉で英気を養うというのもいいですね。

さて、今月は古未来で2年前から計画しておりました、団塊世代の新築の家づくりが完成いたします。オープンハウスも予定しておりますので、以下のニュースをご覧くださいませ。


News
オープンハウスお知らせ
 (2007/11/01)
新築戸建物件のオープンハウスを行います。
日時:11月17日(土)、18日(日) AM10:00~PM5:00 場所:小田急電鉄小田原線玉川学園駅徒歩7分
完全予約制となりますので、以下のいずれかの方法で11/10(土)までにお申し込みください。
電話( 03-5261-1867 ) FAX( 03-5261-1868 ) メール( mail@komirai.com )

2007年
10月5日

 秋風が心地よい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
中秋の名月も気がつけばすでに終わっており、お団子も食べそびれ、せめてもと、アトリエのバルコニーに椅子を出しビルの隙間から見える秋の名月を楽しんでおります。

 古未来では今回初めて老人ホーム内装デザインを担当させていただきました。藤沢にあるサンフォーレ鵠沼さんです。
館長初め、皆様の心のこもった温かな介護ケアーを拝見し、またここにお住まいになっている皆様の幸せそうな笑顔がとても印象に残りました。
老いは誰にでもいずれ平等に訪れるもの。その時、自分がどんな暮らしをしていたいのかを今から計画しておかなければと強く感じたお仕事でした。


2007年
9月2日

 暑かった今年の夏も終わりを告げ、吹く風に秋を感じる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

 私のふるさと能登半島の実家では、はざ干しのお米にこだわり、毎年太陽をたっぷりと受けた美味しいお米を作っています。今年も新米を頂くのを楽しみにしていますが、これも両親と自然の恵みに感謝しております。食も住と同じ、人や環境にやさしいものにこだわりたいものですね。

 それでは素敵な秋を御満喫くださいませ。


2007年
7月12日

 まもなく梅雨も終わろうとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
 昨年の夏から計画しておりました長野県小諸市の中棚荘別館『はりこし亭』の門、塀、アプローチが完成いたしました。Newsからご覧ください。
 また、現在進行中の新築物件も無事上棟式を終えることができました。現場レポートにてご覧になれます。


2007年
6月5日

 6月に入り、まもなく大地を潤す慈雨の季節となりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 せっかくの梅雨の季節、カラフルな傘を選んで気持ちはいつもカラリと晴れわたっていたいものですね。

 さて、先日お天気に恵まれて無事、地鎮祭が行なわれました。神様に地上に降りてきていただき、工事の無事完成をお祈りする厳粛な儀式です。
 現場レポートにてご覧になれます。
 完成まであと約半年、先が楽しみです。


2007年
5月15日

 初夏の風がここち良い今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 先日、自然素材を使用したホームエステサロンのオープンハウスを行ないました。
 いらしゃっていただいた皆様から、「久々に時を忘れるほど気持ちの良い空間でした。」とのコメントをいただき、笑顔でお帰りになられました。こんな瞬間がこのお仕事をしていて良かった!と思う瞬間です。
 今回ホームページにもUPしましたので、どうぞご覧ください。


2007年
4月3日

  さわやかな春の青空と大地の息吹がみづみづしい季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
 古未来のアトリエのバルコニーにソーラー式で水が循環する小さなフラワーポットがあります。日を追う毎に太陽エネルギーが強くなっていくのが、水の音色で実感する毎日です。窓辺にある、植物たちも待ってましたとばかり勢いづいて、葉を伸ばしています。
 ありがたいことに、こんな小さなビル一室でも自然からたくさんの癒しとエネルギーを頂いています。感謝です。


2007年

 桜の花が青空に生える暖かな春うららが待ち遠しい今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
 桜といえば淡いピンク色をしていますが、ピンクは人を和ます効果があるそうです。よって対人関係を順調にする色ともいわれます。
 色の持つ力は大したもので、さまざまな効果をよくも悪くも私たち人間に及ぼします。住まいを造るとき、そんな色の持つ効果を是非生かしてみてはいかがでしょうか。さしあたり、暖色系ペールトーンの明るいランチョンマットでテーブルから春を満たしてみませんか。


2007年
2月1日

 2月に入り、暖冬のおだやかな日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 今年は世界的に暖冬でこれもやはり地球温暖化が急速に進んでいる影響でしょうか。日本の四季の区切りの変化も年々明確でなくなり、季節ごとの気持ちの変化もいつの間にか浅くなっていくようで少し危機感を持っています。
 でも日本には季節を感じる行事が折々にあります。
さしあたっては、節分の日には今年の福を呼ぶ豆まきをしようと思います。さて鬼の役は誰にしましょうか・・


2007年
元旦

「皆様、あけましておめでとうございます!」
 いよいよ新年が幕を明けましたね。今年の初夢はいかがでしたでしょうか?わたしは。。。と明かさないのが夢を現実にする為の秘訣ですよね。
 昨年にも増して、いのしし年の今年は猪突猛進で(周りをよく観ながら)全力でがんばろうと思いますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 皆様にとりまして、さらなるご発展の年となりますようにお祈り申し上げます。


2006年
12月03日

 今年もいよいよ師走となり、街並みにはクリスマスツリーが美しくディスプレイされ目を楽しませてくれていますが、皆様いかがお過ごし でしょうか。
 毎年、徐々に1年の経過が短くなって感じますが、今年も例外ではな く、もう年末ですか?!と少しあわてている今日この頃です。
 今年もまたたくさんの方々のお世話になり、また素敵な出会いをたくさん させていただきました。 「人は自分の為だけには生きることはできない。」という言葉を 先日耳にしました。本当にそう思います。
 「誰かの為に役に立たせていただいてい る」 と感じる時、初めて「生きていて幸せ!」と感じます。日々感謝を忘れず、 来年もまた楽しくがんばりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。


2006年
11月12日

 立冬を過ぎ朝晩がめっきり冷え込んでまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?今年もあと残りひと月半となりましたね。
 これからが年内締め切りのお仕事やら、年賀状、お歳暮の準備やらで大忙しとなりますが、終わりよければすべてよしと申しますので是非体調を整えて楽しみながら乗り切りましょう。


2006年
10月1日

 爽やかな秋空の中、一年で一番過ごしやすい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年の紅葉はどんな色で私たちを迎えてくれるのでしょうね。いまから紅葉狩りが楽しみです。
 さて、食欲の秋でもありますが、先月お知らせいたしました、古未来工房が手がけた天ぷら屋【天七】が商店建築社の【商店建築】という建築雑誌に登載予定となりました。12月号に載る予定ですのでどうぞお近くの書店にてご覧頂くと嬉しいです。


2006年
9月1日

 空気の中に少しずつ秋の気配を感じる今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 「暑さ寒さも彼岸まで」と古からの伝え通り季節は夏の終焉を伝えてくれます。お彼岸の頃に咲く花で毎年目に触れるごとに幼い頃の思い出を呼び起こしてくれる花があります。彼岸花です。別名「漫珠紗華」マンジュシャゲ。
 土手一杯に真っ赤に染まった彼岸花を摘んで帰って母親に叱られた記憶があります。その時はなぜ叱られたのかは
分からないままでしたが、後からその華はお彼岸の先祖供養の時期に満開になるので、その華がご先祖様の魂を象徴的に呼び起こしているのではないからかと想像しております。どなたか分かる方がいらっしゃいましたら今度教えてくださいませ。
 それでは皆様、素敵な秋をお迎えください。


2006年
8月19日

『残暑お見舞い申し上げます』

  8月も半ばを過ぎ、朝晩に吹く風も少しずつ涼しくなってまいりましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?  
 さて、夏ばて防止にはたっぷりの休養と栄養が大切ですね。
  今回、古未来工房がデザインいたしました、てんぷらやさんをご紹介させていただきます。ワークスからもご覧いただけますのでたっぷりとご賞味くださいませ。
 それでは次回初秋にお会いしましょう。


2006年
8月2日

「暑中お見舞い申し上げます」
 記録的な長梅雨もようやく明け、これからが夏本番となりますね。
 先週末尋ねた黒川温泉の山間の里では、蝉の元気一杯の鳴き声に混じり、すでに夏の終わりに鳴くひぐらしの物悲しい鳴き声が同時に聞こえてきて、季節が混在している少し不思議な感じがいたしました。
 夏ばて防止に栄養満点のうなぎや天ぷらでも食べてこれからの猛暑を乗り切りたいものですね。もうすぐ古未来工房がデザインいたしました天ぷら店をご紹介させていただく予定です。どうぞお楽しみに。。。。


2006年
7月8日

 7月に入り、梅雨明けカウントダウンとなりましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?
  先日、神楽坂の石畳の細い路地を歩いていたら、風鈴の涼やかな音色が 聞こえてきました。その瞬間小さい頃の縁側に吊るされた風鈴の音色を 思い出しました。真っ黒になって縁側でスイカを食べながら、友達と 遊んだ遠い記憶がなつかしく思い出されました。
  住まいが外に対して閉じてしまった現代の住宅が多い中で いまでも昔ながらの風流な風景に出逢えると 何とも言えない懐かしさと驚きで新鮮な気持ちになります。
  あらためて、人の記憶に深く残る豊かな五感が育まれる空間を創りたいと 思いました。


2006年
6月20日

 雨に濡れるあじさいは一段と美しい色で目を和ませてくれていますね。 皆様いかがおすごしでしょうか?
  毎年この時期自分の生まれた日を迎えるのですが、歳を取るのではなく いい歳を重ねて豊かな心の人間になりたいといつも思っています。 たくさんの素敵な諸先輩方を目標にがんばっていこうと思います。 それでは皆様、次回は梅雨明けにお会いしましょう。


2006年
5月20日

「五月晴れ」とは一体いづこへ?という梅雨のような日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 ゴールデンウイークに九州は長崎に行って参りました。かつて大噴火を起こした普賢岳は、噴火跡地をあえて一部保存しその悲惨さを体験できる施設として残っていました。町並みは十数年経過し、住民の皆様の努力で見事な復興を遂げておりました。
 地球という生命体の上に生かされている私たち人間の存在の小ささと、一方では古より、その土地の自然とうまく付き合いながら生きている人間のたくましさを実感してきました。
 もちろん、その恩恵にあやかり、しっかりと温泉に入ってきた私でした。


2006年
4月20日

 いつの間にか、さわやかな風が薫る季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 古未来のアトリエでは、こんな季節にピッタリの白磁の器を見つけ愛用しています。高橋和也さんという作家の方の作品です。白磁の表面が丁寧に磨かれ、優しい肌触りと、独特の柔らかい白い磁肌が気に入っています。
 こうした器を使っていると、この季節の豊かさをいっそう感じます。みなさまもこの清々しい季節を存分にお楽しみください。


2006年
3月6日

 寒暖を繰り返しながら、少しずつ春の兆しが色濃くなってまいりました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?今年もまた花粉の季節がやってきますね。
 昨年の春は鼻がむずむずするので病院で検査したところ、まだ花粉症には至らずとの結果にホットしたことを思い出しました。はてさて、今年はどうなることやら。

 素敵な出会いと別れのこの季節が、皆様にとりまして最高の思い出のときになりますことを、お祈りいたしております。


2006年
2月3日

 如月に入り、暦のうえでは立春を迎えましたが、まだまだ冬将軍が居座っているようですね。寒い日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?風邪が流行っておりますのでどうぞご自愛くださいませ。
 という私もしっかりと流行に乗り、風邪の辛い日々からようやく回復に向かっております。

 さて、古未来工房では現在、新築や店舗設計のプロジェクトが進行中です。今年はその途中経過をホームページでお伝えしていく予定です。どうぞお楽しみに。。。。


2006年
1月元旦

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 いよいよ2006年がはじまりましたね。
 今年も、皆様に昨年よりも増して良いことが沢山ありますようにお祈り申し上げます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。