simple naturl comfort
玉川学園前 I邸

『光溢れるセカンドライフハウス』 - 自然素材をふんだんに使った呼吸する空間

東京郊外、緑が多く残る閑静な住宅街。
団塊世代のご夫婦が、お子様の独立後リタイヤを見据えた新しい生活を過ごすための新築一戸建です。

将来を見据えて、1階ですべての生活が完結するよう平屋感覚で設計しており、2階には予備室や納戸を設けてあります。
全体のゾーニングは、北側に水廻り、南側にLDを配置、LDと庭の間のウッドデッキが内と外とをつなげ、四季の移ろいを室内に導き入れるプランになっています。

振り返ると、この家づくりは3年前、お施主様であるI様との出会いから始まりました。
これからのセカンドライフを充実させるため、いわば3年がかりで夢を実現なさったことになります。竣工後1ヶ月が経ち、I 様からもとても住まい心地が良いとのお礼のメールを頂き、大変嬉しく思っています。

  

 ■ Facade

外観は、ガルバリウム鋼板・左官・レッドシダーの組み合わせです。静かな住宅街の景観の中、落ち着きがあるシックな個性を表現しています。

 ■ Entrance

勾配天井に設けた天窓により明るく開放的な玄関になりました。

 ■ Living & Dining Room

オープンハウスでも大評判だったリビングダイニング。LDKには床暖房を設置し、冬季の吹抜け上下の温度差を小さくして快適に過ごせるように配慮。吹抜けのハイサイドライトからたっぷりの光が降りそそぎ、視線の抜ける広々とした空間となっています。

 

 ■ Kitchen

広々とした明るいキッチン。背面にはたっぷりとしたカウンター収納を設置しています。


 ■ 2nd Floor

2階にはご子息のご夫婦がお孫さんを連れて遊びにこられた時にお泊りになれるよう、予備室があります。すのこ状の渡り廊下は光と風を通し、爽やかな空間を演出しています。

 ■ Lighting

夜は自然素材の質感が際立つやさしい空間に。照明は全て調光器で光量を調節できるようになっています。

 ■ Outline

 
<<概要>>
構造: 木造在来工法 外壁・屋根:防火構造
建築面積: 88.62平米 (26.85坪)  建蔽率 38.2%
延べ床面積: 113.27平米 (34.32坪)  容積率 50.6%

<<外部仕上げ>>
屋根: ガルバリウム鋼板横平葺き
外壁: 左官仕上げ / ガルバリウム鋼板縦貼り / レッドシダー
ウッドデッキ: ヒノキ無垢板貼り
エントランス: 磁器質タイル貼り

<<仕上げ>>
 床: ナラ無垢材フローリング 春風クリア塗装 / 畳
 壁: 珪藻土左官仕上げ / 月桃紙
天井: 月桃紙 / シナ化粧合板目透かし市松張り

<<設計期間>>
2005年11月 ~ 2007年5月

<<工事期間>>
2007年5月 ~ 2007年11月 (6ヶ月間)

<<施工管理>>
株式会社 上遠野建設
〒243-0801 神奈川県厚木市上依知562-2
TEL: 0462-45-3494 FAX: 0462-45-8846
URL: http://www.kadono-k.jp/ MAIL: info@kadono-k.jp